痛んだまつ毛はすぐ生えてこない!まつげにやってはいけない事

痛んだまつ毛はすぐ生えてこない!まつげにやってはいけない事

まつ毛が痛んでいる気がする…と感じる女性もいるでしょう。まつ毛はデリケートなので、ちょっとした衝撃でもダメージを受けてしまう事があります。まつ毛が痛んでいる気がする、なかなか生えてこないなどでお悩みの人もきっといるでしょう。

 

そんな時、まつ毛にやってはいけない事があります。知ってそうで意外と知らない人も多いので心得ておきましょう。今回は、すでにまつ毛が痛んでしまっている人たちのために、まつ毛にやってはいけないことをご紹介します。

 

クレンジングでまつげが傷む

 

濃いアイメイクをすると、クレンジングが大変ですよね。黒や茶色のアイメイクをしっかりやった場合は、落とすにもひと苦労してしまうでしょう。クレンジングで頑張ってメイクを落とそうとしても、濃い色を使おうとすればするほど落とすのにもひと苦労してしまいます。

 

アイメイクがなかなか落ちないからといって、こすってしまうとまつ毛を痛めてしまう事になるでしょう。まぶたにも負担がかかってしまうので、全くいいことありません。クレンジングが大変になる事が分かっているのであれば、あらかじめ薄化粧に心がけましょう。クレンジングする時も優しく洗うようにします。強く洗ってしまうと、まつ毛だけではなく皮膚まで傷めてしまうことになります。

 

ちなみにマスカラの中にはお湯で落ちるタイプのマスカラもあるので、サっと簡単にメイク落とししたいのであれば、お湯で落ちるマスカラを選んでみるといいでしょう。ゴシゴシ洗うのはNGです。メイク落としの時間も時短になるのでおすすめです。

 

アイメイクは控えるように

 

最近まつ毛が傷んでいるような気がする、伸びが悪い、なかなか生えてこない気がする…といった場合は、できる限り濃いアイメイクは控えるようにしましょう。アイメイクをちょっとするだけでも可愛くなれるので、女子にとっては欠かせません。実はアイメイクでもまつ毛にかなりの負担がかかっています。

 

特にアイメイクで気を付けておきたいのがビューラーです。マスカラやまつ毛をつける時にビューラーを使う人が多いでしょうが、ビューラーは、使っているうちにだんだん挟むゴムの部分がだんだん劣化してくるので、そのまま使っていると劣化したビューラーを使っている事と同じです。

 

 

ビューラーは自分で思っているよりもかなりの負担がかかっているものです。ゴムがすり減ったビューラーを使い続けるのは、まつ毛にさらに大きなダメージを与えてしまう事になるでしょう。